ソファの寿命ってどのくらい?布製、合皮製、本革製どれが一番長持ちするか

ソファの掃除

日々の生活の中でテレビを見たり、読書をしたり、安らぎたいときにあると便利なソファ。

ソファには主に布製、合皮製、本革製で作られたものが多く、ソファを購入する場合、この3つの中から選ぶと思います。

ソファを購入すれば、日常生活において欠かせないものになりますので、長持ちさせたいと思うでしょう。

今もしくは、近い将来ソファの購入を考えている方にソファを3つのタイプ別に分けた、それぞれの寿命を紹介します。

布製ソファの寿命

布製ソファは流通量が多く、価格もお手頃なものが多いです。

一般的なご家庭の部屋に馴染みやすく、合皮製、本革製のソファよりも需要が高い製品でしょう。

布製ソファの寿命は一般的に8年~10年は持つとされていますが、シミなどの汚れなどがつきやすく、布であるためダニが発生してしまうというデメリットもあります。

布カバー付きであれば洗濯もできて、綺麗に保つこともできますし、シミや汚れなども少し工夫をすれば落とすこともできます。参考:布製ソファを綺麗にお掃除する方法!

合皮製ソファの寿命

合皮製ソファの寿命は5年~7年と言われています。

合皮製ソファは時間の経過とともに劣化していき、ひび割れができたり、最終的には合皮部分が剥がれ落ちてしまったら寿命のサインです。

合皮製のソファは直射日光に弱いので、なるべく日光が当たりにくい場所に置くなどして工夫をしましょう。

またこまめなお手入れをすることで寿命を長くすることもできます。参考:合皮製ソファを綺麗にお掃除する方法!

本革製ソファの寿命

布製、合皮製よりも寿命が長いのが特徴なのが本革製のソファで、きちんとお手入れを欠かさずにすれば10年以上は使えます。

また他の2つとは違って、中にあるクッションの張替えもできるので、ひび割れや革の剥がれといった外観上の問題がなければ、さらに長く使用することも可能です。

合皮製のソファは長く使用することで、劣化していきますが、本革製のソファの場合、長く使用することで革に味が出てくるといった経年変化も楽しむこともできます。

本革製ソファの弱点としては、水や熱、直射日光に弱いことですが、毎日のちょっとしたお手入れや、月に1回こまめにお掃除すれば、耐久性も増すので、長い付き合いのできるソファだと言えます。参考:本革製ソファを綺麗にお掃除する方法!日々のお手入れで寿命を長持ちさせよう

まとめ

寿命の長さは本革製➔布製➔合皮製の順ですが、ソファの使い方、日々のお手入れによって寿命を長くすることも可能なので、使い方に気をつけたり、きちんとお手入れしたり、掃除することを忘れないようにしましょう。

仕方なく処分するしかないソファは不用品回収業者KADODEに依頼して買取か回収を依頼すると楽に新しいソファの買い替えができますよ♪

タイトルとURLをコピーしました