ソファのクリーニングを頼んだときの料金相場、注意点とメリットとは?

ソファの掃除

ソファは生活する上でよく使う家具です。

ソファの上でくつろいだり、映画を観たり、読書をしたり、食事をしたりと様々な場面で使われることが多い故に、汚れやシミ、ニオイが付いたり、食べかすや髪の毛が溜まっていたりして汚くなってしまいがちです。

定期的にソファのお手入れをしていたり、すぐに汚れに気が付いて、掃除できれば良いですが、長年放置された汚れを自分で落とそうとするのは難しいことです。

もしソファに自分では落とせないような汚れやシミがある場合、プロのクリーニング業者に依頼して綺麗にしてもらうのがいいかもしれません。

ではソファのクリーニングを業者に依頼した場合にかかる費用の相場と注意点とメリットとは何かを解説します。

ソファのクリーニング料金の相場

ソファをクリーニングしてもらう場合、何を基準に料金が決められるのか、おおよその料金はどれくらいなのか?これを知らないとクリーニング料金が高くて、新しいソファを買った方がお得だったなんてことにもなりかねません。

そういった意味でもソファのクリーニング料金の基準と相場費用を知っておく必要があります。

ソファのクリーニング料金の決められ方

主に下記の3つがソファのクリーニング料金に影響してきます。

  • 布製のソファ、合皮製のソファ、本革製のソファと素材によってクリーニング方法が異なりますので、素材別の料金
  • 1人掛け、2人掛け、3人掛けといったソファのサイズ別料金
  • ソファがどの程度汚れているかといったソファの状態別料金

またソファの素材によっては特殊な作業が必要となる場合があり、オプション料金として加算されます。

ソファのクリーニングのタイプ別料金相場

料金相場
布製2人掛けソファ 12,000円~20,000円
合皮製2人掛けソファ 10,000円~18,000円
本革製2人掛けソファ 16,000円~24,000円

ソファをクリーニングに出す前に注意したい点

  • ソファのクリーニング業者によっては取り扱っていない素材もある
  • 破れていたり、破損があったり、汚れてから大分時間が経ったソファはクリーニング不可の業者が多い

ソファをクリーニングに出す際は、以上の点に注意してからクリーニングに出しましょう。

またクリーニング業者は無料で見積もりを行ってくれるので、何社かに見積もりをとってもらい、自分の条件に合うクリーニング業者さんを選んでくださいね。

ちなみに私はハウスクリーニングを行っている不用品回収業者KADODEにお願いしたことがあります。

部屋のカビ掃除とソファのクリーニングを行ってもらいました。

ソファをクリーニングに出すメリットとは

ソファをクリーニングに出すよりも、ソファが汚れてしまったら、新しく買い替えようと思う人の方が多いはずですが、ソファをクリーニングに出すことで新品同様の状態のソファに蘇らせてくれるだけでなく、買い替えをすると古いソファの処分をしなければならないが、クリーニングに出せばその必要もありません。

またソファのクリーニングはただソファを綺麗にしてくれるだけでなく、ダニの駆除やハウスダスト、カビといったアレルギーに関わる物質も排除してくれるので、アレルギーに悩む方にもおすすすめできる方法なのです。

まとめ

ソファのクリーニングはソファを新品同様の状態に戻してくれます。

新品のソファを買うと、大型家具の部類に入る古いソファを処分するのは大変です。

費用を抑えたい、面倒な処分はしたくないという方には、ソファをクリーニングに出す方法がとてもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました