ファブリックソファの普段からやっておくべきお手入れ方法!

ソファの掃除

布で出来ているファブリックソファはゴミやホコリが付きやすく、普段のお手入れ・掃除は欠かせないものです。

ではどういったお手入れをやっておくべきか順に見ていきましょう。

ソファの表面のゴミはコロコロで取る

ファブリックソファの表面にある髪の毛や目に見えない小さなごみはコロコロで取りましょう。

夜の時間帯でも、音がうるさくないので、近所迷惑にならずに掃除できますし、掃除機では取れないような細かいゴミもきちんと取ってくれます。

価格もお手頃で、ファブリックソファ以外のお掃除にも活躍してくれますので、1個は持っておきましょう。

ソファの布地をブラッシングして長持ちさせよう

ファブリックソファには織り目があり、それに沿って布地に小さなホコリやゴミが詰まっていることがあります。

そこをブラシでブラッシングすることでホコリやゴミが取り除かれて、布地への摩擦が抑えられてソファが長持ちするようになります。

使用するブラシは毛先が硬いものではなく、柔らかいものを選んでください。

ソファの隙間のゴミは掃除機で吸い取る

ソファの隙間に入ったゴミやクッションに付いたホコリやゴミは掃除機で吸い取りましょう。

取り外し可能なクッションは取り外して、軽く叩けばホコリやゴミが落ちてくるので、それを掃除機で取りましょう。

掃除機の吸い込み口にブラシを付けて掃除すれば、生地を傷つけずに掃除できるのでおすすめです。

布地に付いた汗や皮脂はタオルで取る

水を良く絞ったタオルで布地の目に沿って優しく拭いて汗や皮脂を取りましょう。

汚れを落としやすいマイクロファイバーのタオルで拭くことをおすすめします。

タオルで拭いても取れない汚れは、中性洗剤を数滴タオルにつけてから取ってあげて、乾いたタオルで洗剤取ってあげましょう。

水分や洗剤が残った状態でソファに座ると、布地に傷やカビが生える原因となりますので、掃除後は乾いたタオルでしっかりと拭くことを忘れないようにしてください。

まとめ

普段からやっておくべき簡単なファブリックソファのお手入れ・掃除方法を紹介しました。

中々取れないシミや汚れ、嫌なニオイの取り方は布製ソファを綺麗にお掃除する方法の記事を参考に。

ソファに出来てしまった黒ずみの取り方はソファの黒ずみを簡単に落とす方法を、ソファにダニがいて困っているという方はソファに潜むダニの駆除方法と予防策を読んでみてください。

自分でソファの掃除をするのは面倒くさいという方や自分の手には負えないほど汚れてしまったソファの掃除はクリーニングに任せるのもおすすめです。

ソファのクリーニングに関してはこちらの記事ソファのクリーニングを頼んだときの料金相場、注意点とメリットとは?が参考になります。

ソファのクリーニングを任せるなら不用品回収業者KADODEがおすすめです。

ハウスクリーニングを行っているので、ソファだけでなく、他の汚れが気になるキッチンの掃除もやってもらいました。

タイトルとURLをコピーしました